About Monique

モニーク・キャノンとは

モニーク・キャノン(Monique Cannon、1967年10月27日 - )はオーストラリア・ゴールドコースト在住の女性アーティストです。アートの世界に「チョークアート」という新たな分野を生み出した創始者です。
海外では、Pioneer-master of modern chalk artとして知られ、オーストラリアの大手雑貨ブランドKLDA社、Splosh社、マクドナルド・オーストラリア・バージンブルー航空などとライセンス契約・作品提供をしてきました。
モニーク・キャノンが最も得意とするメニューボードは美しく、香りや触感、生命観さえ感じられるほどの出来映えであり、今や国内のみならず、世界中からオーダーがあるほどの人気に。
モニーク・キャノンのきどらない親しみやすいキャラクターも多くのファンを惹きつけています。

アーティストとして活動する一方、教育事業にも注力してきました。その一環として、モニーク・キャノンはチョークアートの創始者として、2000年にモニークチョークアートスタディをオーストラリア・ゴールドコーストに開校しました。
開校から8年間で、直接指導した生徒の数は1,000人を超える程に。2006年には教え子たちから要望に応えて、日本にモニークチョークアート協会(MCA)を設立しました。
協会は、チョークアート考案者であるモニーク自ら理事長を務めている任意団体で、初めてモニークチョークアートを学ぶ生徒や、修了者、受講者のサポート、交流、技術向上等を目的とし、チョークアートの振興および発展に向けて尽力しています。
さらに、2017年にはオーストラリアの教育機関からの依頼で、オーストラリアの学校数校で、チョークアートの授業を総勢3,000名に教えた実績もあり、自国におけるチョークアートの発展にも寄与しています。

Monique Atelier

モニークのアトリエにて

モニークチョークアートアカデミープロジェクト

モニークチョークアートプロジェクト

モニーク・キャノンを通じ、手書きの楽しさを笑顔と夢に繋がるアカデミープロジェクト
チョークアートの第一人者であるモニーク・キャノンを筆頭に、シニアディレクターとなる山田浩氏と
株式会社ファストコムの業務提携により、チョークアートの魅力を世に広げるべく、始めました。
a テキスト発行や修了証の発行、活動支援など、この王ロジェクト全般を運営しています。 モニークチョークアートアカデミープロジェクトホームページ

モニークチョークアートアカデミープロジェクトの詳細はこちら